静寂の闇の中、ブルーライトに照らされて。

2020年4月22日、午前3時。

窓を開けると、風呂上がりの火照った体を冷やすような涼しい風がすうっと入り込む。

近所の住人たちはもう寝静まっているのだろう。どこかの家がつけているであろうエアコンの室外機の音だけが響き、夜の静けさを引き立たせている。

新型コロナウイルスが発生して約4ヶ月。中国の武漢で感染が拡大したのは遠い昔のことで、ウイルスは世界中に広がった。

もはや感染は対岸の火事ではなく、日本政府の安定した対応のまずさで東京も毎日100人以上の感染者が出ている状況だ。

そして、日本政府が緊急事態宣言を出してからは約2週間が経っている。

なんだかもう、限界だ。

限界。

疲れちゃった。

みんな我慢している中で弱音を吐いても意味ないし、医療従事者や薬局、運送、金融関係その他コロナでも休めない職業の方々が頑張っている中で、春休みが延長されたような状態で、しかも運よくウェブメディアで長期インターンをやっていたおかげでリモートワークができて収入も全く減っていない大学生がなんか限界になっているのは大変申し訳ない。が、本当にもう疲れてしまった。

こんなことをブログに書いても全く意味はないし、インターネットにでっかいうんこをするのと変わらないが、まあ、「カズマノマ」という自分だけの空間にだけなら書いてもいいと思うので、今の自分と、将来の自分のために書き残しておく。

そもそも、今なんでこんなに疲れてるのか。その原因はコロナではない。

このブログ。

そう、「カズマノマ」である。

そもそも、このブログを始めたのにはふたつ理由がある。ひとつはインターネットお金稼ぎマンになりたかったこと。もうひとつは、自分を自由に表現できる場所が欲しかったということである。だからブログ名も「カズマノマ」=「一馬の間」だったわけだが。

前者に関しては、最悪達成できなくてもいい(こんな更新頻度と記事数じゃ到底無理)し、まあリアルにスズメの涙より少ないお金は発生しててちょっと嬉しくすらある。

問題は後者だ。

ここで、現在のカズマノマのトップページを見てみよう。

な ん だ こ れ は ?

最後の投稿が2月22日?ニャンニャンニャンの日?????

ふ  ざ  け  る  な

お前は何をしていたんだ?たいした成績も取らず、かといって学業以外に何かを成し遂げたわけでもない。

もう一度問おう、何をしていた?お前は一体なんのために生きているんだ?

もちろん人間に生きる意味なんていらない。生きる意味を感じないことに絶望して死にたがる人間は多く見てきたし、そういう人はまず生きて欲しいと思う。

だが、お前は違う。絵、音楽、そしてブログ。

やりたいこと、生きる意味がたくさんあるくせに何も行動してないお前。

お前は何をしているんだ?なあ、何をしてるんだよ。

早くブログ書けよ。文章書くの好きだよな?人の心に響くいい文章書けるようになりたいんだよなあ?

絵も描けよ 。コミケが中止になって何ほっとしてるんだよ。高校の時、夢見た舞台じゃなかったのか?

楽器だって、そこそこでも上手くなりたいんじゃなかったのかよ。なに弦錆びさせてるんだよ。

やりたいことあるくせに、なにだらだらしてんだよ。せめて就活に向けて勉強でもしたらどうなんだよ。

お前はいつもそうだ。なにも継続できず、中途半端で終わっていく。

本当にそれでいいのか?廣田一馬はこんなところで終わっていいのか?おい。

頼むから少しは焦ってくれよ。大学生活だってあと2年間しかないんだぞ?

一番責任がなくて暇な2年生ももう終わったんだぞ?

必死で生きろよ。まじで。

人生で一度くらい、がむしゃらに頑張ってみろよ。

まじで、なんでわかんないかな。

それで、周りのすごい人を見て、すごいなあって思ってるの。なんなの?

嫉妬しろよ、追い越そうとしろよ。

なにツイッター眺めてんの?少しならいいと思うよ?でもずっと見てるよね?ツイッターを無限に見続けて君は何者かになれたの?????

止まらない、怒りが止まらない。

コロナがなかったら、このままだらだら生きて、就職も大したとこ行けずに終わってるのが目に見えてるよ。

そろそろ動けよ、怒れよ、たちあがれよ。

俺はお前を許さない、いい加減やってくれ。今までの廣田一馬は現時点をもって終了。

頼むから、俺の生きた証を残してくれ。こんな中途半端な人間で終わらないでくれ。

こんな黒歴史確定なクッッソ痛い文章をネットの海に排泄しなきゃならないような状況に陥らないでくれ。

頼む、頼む。

カズマノマの外観も変更した。今日から新しいスタートだ。

きっとできる、やればできるはずだ。

だから、頑張れ。

まっさらに生まれ変わって、人生1から始めようじゃないか。

オチはありません。

これで終わりです。ここまで読んでくれた方は2000字のうんこに付き合わせてしまい申し訳ありませんでした。また、汚い言葉遣いになってしまったことも反省してます。

自分への決意表明でした。

 

それでは

タイトルとURLをコピーしました