その瞳には、何が写るのか─。FUJIFILM XT-100を買った話

こんにちは

その瞳には、何が写るのか─。とかかっこつけてますがただカメラを買っただけの回です。

小学生の時に買ったEOS kiss以来カメラは持ってませんでしたが、今回ブログの画像とかも綺麗に撮りたいなー!ということで一眼を購入しました。

で、買ったのがこちら!

FUJIFILM XT-100 シャンパンゴールド です!

カメラくん、いい写真を撮る力を持ってるのに自分はスマホのカメラで撮られちゃうところが切ないですね…


さて、僕は物を買ったらすぐ使いたくてしょうがないタイプ(新しいおもちゃを買ってもらうと家で開けるのを待ちきれずに箱の文字全部読むタイプの小学生)なので、さっそく写真をいろいろ撮ってみました。

ビールです。

タピオカです。

りんご飴です。

薄く切ったおにくです。

薄く切ったくだものと分厚い炭水化物です。

太りそうなものばかり撮ってますね。カメラが重くならないか心配です。


以上作例でした。今回は書くことがないので何故FUJIFILM XT-100を選んだかでも書いておきたいと思います。

そもそもデジタルカメラを買う時って三つ選択肢があって

①一眼レフを買う

②ミラーレス一眼を買う

③コンデジを買う

みたいな感じだと思うんですよね。

僕が今回重視したのがまずは持ち運びやすさでした。せっかくカメラ買っても持ち運ばないと意味ないですからね。

そして、ブログの記事用画像以外にもなんか良さげな写真とかも撮りたいと思ってたので、画質が良さそうなミラーレス一眼にしました!

一眼レフとミラーレス一眼の違いとかは頭いい人が詳しく解説してるサイトとかあると思うのでてきとうにググってください😀

で、何故世に多く出ているミラーレスの中でXT-100を選んだかと言うと…

デザインが良いから

割とこれに尽きます。

僕は、何か高い買い物をするときには機能性だけでなくデザインが良いものを選ぶことが結構大事だと思ってます!

自分が好きになった外見の物の方が持ち運びたいと感じると思うんですよね。

特にカメラは持ち運ばなくなりがちな高級品の一つなので、いつでも持っていくのが億劫にならないように一番外見が好きなものを選びました!


…というわけで、今回の記事は特に盛り上がる部分とかないので最後にいい感じに撮れたゴミを貼っておきます。

う〜ん、いい感じ。

それでは

タイトルとURLをコピーしました